鯵ケ沢町建石町の通称「山田野地区」の菜の花が今年も見頃を迎えた。およそ15ヘクタールの広大な土地に鮮やかな黄色い花を付けた菜の花が、残雪の岩木山をバックに広がる光景は圧巻。8日は県内外の観光客が多数訪れ、楽しんでいた。
 同所の菜の花は地元の農家八木田正勝さん(70)、正輝さん(36)親子が採種・販売用に栽培。連作障害を避けるために毎年違う場所に植えていることから、年ごとに違った光景が楽しめる。
 正勝さんによると、ゴールデンウイーク後半が咲き始めで、満開は今週末ごろが見込まれ、月内は花が楽しめるという。

 【写真説明】残雪の岩木山をバックに、咲きそろった菜の花を楽しむ観光客

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。