弘前市など津軽地方の上空に7日午前中から昼すぎにかけて、太陽の周りを虹色の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と、その下方に虹色の帯「環水平アーク」が現れた。
 これらの現象は、太陽光が薄雲の中にある氷の粒子に反射、屈折することで発生する。7日は午前11時から午後3時ごろまでの間、弘前市、青森市、五所川原市、鶴田町など津軽地方の広範囲で確認された。

 【写真説明】津軽地方各地で観測された日暈と環水平アーク=7日午前11時半ごろ、弘前市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。