2018年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表の必勝を祈願し、弘前市のねぷた絵師山内崇嵩さん(54)がサムライブルーの金魚ねぷたを制作している。
山内さんは「決勝トーナメントに進出してほしいとの願いを込めて作った。本県出身の柴崎岳選手が代表に選出されれば言うことはない」と話した。
 サイズと価格は大(直径28センチ)6000円、中(同25センチ)5500円でいずれも税別。問い合わせは山内さんのアトリエ「ねぷた屋」(電話0172―32―2994、ホームページhttp://www.neputaya.com)へ。

 【写真説明】制作がピークを迎えているサムライブルーの金魚ねぷた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。