平川市は災害時にインターネットを使った安否確認や情報収集に役立つ公衆無線LANを初めて導入した。主に災害時の利用を想定した無線LANの設置は県内では珍しいという。市役所本庁舎、市健康センター、市文化センターのほか、猿賀神社や市総合運動施設など8カ所に設置し、4月下旬に運用を開始。平時は観光情報の閲覧などで観光客の満足度を高め、災害時には情報伝達の一助になると期待している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。