第89回都市対抗野球大会1次予選県大会は4日、弘前市のはるか夢球場で準決勝と決勝が行われた。同市の市民球団弘前アレッズ(久保良太代表兼監督)は鍛え上げた打撃力と走力を武器に準決勝と決勝ともにコールド勝ちで大会連覇。6月1~7日に岩手県営球場などで行われる都市対抗野球大会2次予選東北大会への出場を決めた。
【写真説明】決勝・弘前アレッズ―キングブリザード戦 弘前アレッズは5回無死一、三塁で久米田一樹選手が2点適時三塁打を放ち5―0と突き放す=はるか夢球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。