福井県坂井市は4日、弘前公園の南内門近くで「“現存12天守”版 日本縦断ウルトラクイズin弘前さくらまつり」を開いた。祭りに訪れた市民や観光客らが、弘前城をはじめとする現存12天守の知識を問うクイズに挑んだ。
 坂井市は昨年11月、同市の丸岡城でクイズ大会を初開催。反響が大きかったことから、今回は弘前市を皮切りに「現存12天守同盟」を結ぶ各都市で予選会を開くことにした。本選は来年4月、丸岡城で開かれ、各予選会の優勝者が招待される。
【写真説明】早押し形式の決勝では参加者5人が、丸岡城で開かれる本選への切符を懸けて熱戦を展開した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。