第12回津軽三味線日本一決定戦は最終日の4日、青森市のリンクステーションホール青森で、曲弾きと唄付けの総合で評価する「日本一の部」などが行われ、同部で名古屋市の中学3年生中村滉己さん(14)が史上最年少で初優勝した。本県関係では団体りんごの部(3人以上10人以下)で県立保健大学津軽三味線サークル(青森市)が3位、団体ねぶたの部(11人以上)で轍(青森市)が3位となった。
【写真説明】日本一の部で史上最年少優勝を勝ち取った中村さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。