春季県高校野球選手権大会出場を懸けた地区予選がきょう、十和田地区を皮切りに幕を開ける。予選では、延長十三回以降が走者を置いた状況で始まるタイブレーク制度を本県の公式戦で初めて適用。以降の県内公式戦などでも一律導入が決まっている。「状況を見極められる対応力がカギになるのでは」「守備力向上が急務だ」―。今シーズン初の公式戦となる地区予選を目前に控え、関係者の意見やプランはさまざまだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。