愛鳥週間(10~16日)を前に、鶴田町の水元中央小学校(石田隆浩校長)の4年生7人が1日、同町の富士見湖パーク内の「野鳥の森」に手作りの巣箱を設置した。設置活動は同校統合前の旧水元小学校時代から30年以上にわたって続く伝統行事。今年も児童たちが活動を通じ、豊かな地域の自然環境に理解を深めた。
【写真説明】協力しながら、樹木に巣箱を設置する児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。