弘前公園で開催中の弘前さくらまつりの累計来場者数(主催者発表)が早くも200万人を突破した。100周年を迎えたまつりの人出は「ここ数年と比較して早いペース(まつり本部)」で推移。ソメイヨシノの早咲きに合わせて準まつり体制をとったことやソメイヨシノの見頃が4月後半に集中したことが人出を押し上げたようだ。主役が遅咲きの桜に交代した園内は、好天に恵まれた1日、弘前公園でしか見られない「弘前雪明かり」が満開になり、花見客の頭上いっぱいに純白の花を広げた。大型連休も後半に突入し、関係者は一層の誘客へ園内の魅力発信に引き続き努めていく。
【写真説明】100周年を迎えた弘前さくらまつりの累計来場者数は早くも200万人を突破。1日の園内ではピクニック広場で「弘前雪明かり」が満開になった

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。