弘前市教委学校指導課は4月28日、市内の児童生徒による「英語ボランティア」を実施し、参加した子どもたちは弘前さくらまつりを開催中の弘前公園を訪れる外国人に英語で観光案内した。
 同ボランティアには、2017年度の中学生国際交流学習事業と小学生イングリッシュキャンプに派遣されたメンバーの中から、市内の小学生3人、中学生11人、高校生4人が参加。
 この日は、14年から弘前さくらまつりで外国人観光客に対応する弘前市の英会話サークルGlobish(グロービッシュ、千葉賢二代表)のボランティアに児童生徒が加わった。

 【写真説明】積極的に外国人観光客に声を掛け、英語で観光案内を行った子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。