五所川原市金木町の県立芦野公園で29日、金木桜まつりが開幕した。汗ばむ陽気の中、満開となっている約1500本の桜を楽しもうと5万人(主催者発表)が訪れ、会場はにぎわった。会期は5月6日まで。
 会期中は湖上ステージでさまざまな発表が行われるほか、5月2日に花火大会、3日には幻の観桜会、4日は東京ふるさと金木会のスペシャルステージなどが行われる。また、金木公民館では4、5日に津軽三味線全日本金木大会が開かれる。
【写真説明】芦野公園で29日に開幕した金木桜まつり

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。