農作業中の事故が起きやすい農繁期を迎えた。県は農業の生産工程を確認して改善する手法「GAP(ギャップ)」を通じた安全対策に取り組んでいる。労働環境の安全性も確保するGAPを推進することで、事故が発生しづらい現場に変える意識を生産者に高めてもらいたい考え。
 GAPは、普段の農作業を振り返りながら農産物や労働環境などの安全を確保することが目的。生産者が自ら農作業の中に潜む危険を確認するため、危機意識が高まって事故の減少にもつながる。第三者機関による認証取得もあるが、取得せずとも実践できる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。