弘前さくらまつり100周年を盛り上げようと、弘前市の洋菓子店パティスリーヴェルジェ(蟻塚あらしオーナーシェフ)は、弘前市のマスコットキャラクター「たか丸くん」弘前観桜会100周年バージョンなど弘前らしさにこだわったクッキーの販売を始めた。。満開の桜を思わせる華やかな包装で観光客にも好評を得ている。。
 新デザインは全8種類「たか丸くん」のほか「弘前城」「弘前さくら」「林檎の花」など“弘前らしさ”を表現したものばかり。デザインは蟻塚さんが自ら手掛け、イラストレーターを駆使しながら、クッキーの生地との色合いを調節して完成させた。
 クッキーは「verger×北の城下」のネーミングで、1箱8個入り1340円(税込み)と、1箱12個入り1922円(税込み)の2種類を販売している。クッキーは一部限定商品になっている。
【写真説明】弘前観桜会100周年バージョンの「たか丸くん」など弘前らしさにこだわったクッキーが登場した店内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。