県と弘前市は24日、県の策定した地域医療構想に基づき、中核病院整備を早期に進める考えを確認した。今後は中核病院と地域包括ケアの議論を切り離すとともに、県地域医療構想調整会議を開くなどし、広く情報共有しながら構想具体化を図る方針だ。
 県の菊地公英健康福祉部長が同日、市役所に櫻田宏市長を訪ね、非公開で約1時間にわたって会談。終了後、両者が報道陣の取材に応じた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。