大鰐町は23日、2014年度で閉校した旧長峰小学校について、弘前市でドローン(小型無人飛行機)操縦者の養成校を運営する「エムシステム」(三浦実代表取締役)に無償で貸し出し、同社の養成校として利活用する方針を明らかにした。6月の町議会定例会に契約案を提出後、年度内の開校を目指す。同社は弘前市の養成校を大鰐町へ移転し、地元雇用も視野に観光・防災面などで地域振興に貢献していく考え。
 町の岩崎光企画観光課長は「将来的に、防災・観光面などでのドローン活用も想定している」と話した。

 【写真説明】ドローン操縦者の養成校として利活用される見込みとなった旧長峰小学校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。