企業研修事業などを展開する弘前市のスパイラル・アップ(木村房雄代表取締役)は21日、インバウンド(訪日外国人)に向けた観光案内サービスを充実させようと、同社の通訳ガイドを対象とする研修会を弘前公園で行った。市内在住の中国人を含む県内外19人の参加者がベテランガイドの引率で園内を巡り、桜や同公園などに関する知識を深めた。

 【写真説明】参加者が弘前公園を巡り、通訳ガイドとして観光の知識を深めた研修会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。