青森市と十和田市を結ぶ「八甲田・十和田ゴールドライン」を往復するJRバス「みずうみ号」の一番バスが21日、JR青森駅を出発、本県の春の観光シーズンが幕を開けた。
 一番バスは午前8時すぎ、青森駅を出発。雪の回廊がそびえるゴールドラインの笠松峠を通過し、十和田湖に向かった。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。