世界自然遺産白神山地と同様の自然景観を楽しめる観光スポットとして知られる、鯵ケ沢町深谷町の「白神の森 遊山道」が20日、オープンした。木々が生き生きと茂り、動物の鳴き声や活動の音が響き渡る空間であり、二次交通も整備された今年は多くの観光客でにぎわいそうだ。
 遊山道は内回り1・1キロ、外回り2・2キロのコース。ピークの2013年には約2万2000人が訪れたが、民間のシャトルバス廃止の影響もあり、昨年は約1万1950人にとどまった。ブナを中心に、ミズナラやイタヤカエデなどの木々が生い茂り、オープン当日はアカゲラの木を突く音やカケスの鳴き声も響き渡った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。