青森でしか作れないジュエリーを目指して―。弘前市駅前でシルバージュエリーショップ「BLUE HAWK」を経営する木村祐介さん(36)は、青森の伝統工芸品をより多くの人に知ってもらおうと、一部に津軽塗や錦石をあしらったシルバージュエリーを作り、販売している。全国の20~40代を中心に海外からも注文があり、作品を通じて津軽塗や錦石に初めて触れる人も多いという。木村さんは「青森の伝統工芸品に興味を持つ“入り口”のような存在になれれば」と語った。

 【写真説明】シルバージュエリーを作る木村さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。