県とヤマト運輸が連携して構築した輸送サービス「A! Premium(エー・プレミアム)」が好調だ。県が16日発表した2017年度の利用実績によると、取り扱い個数は156社の6290個で、16年度の約1・4倍。金額ベースでは約1億1500万円となった。特に西日本での利用が増えており、県は16年春、大阪市に設置した港湾空港課「大阪分室」の営業の効果が大きい―と分析。今年度は大阪分室に職員1人を増員し、体制を強化して西日本を中心に海外も含めた一層のニーズ掘り起こしに取り組む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。