弘前市立博物館で14日、企画展「花とサムライ」が開幕した。豊臣秀吉、家臣の石田三成と弘前藩主津軽家との縁を物語る貴重な史料、桜を題材とした日本画の大作などを通じて、弘前の歴史と魅力、日本人の美意識を紹介する豪華な観桜会百周年記念展となっている。5月20日まで(4月16日は休館)。
【写真説明】桜を軸にした弘前の歴史と魅力、日本人の美意識を紹介する「花とサムライ」展

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。