五所川原市が同市布屋町の旧西北病院跡地に建設した市役所新庁舎の竣工(しゅんこう)祭と落成式典・祝賀会が14日、新庁舎などで行われ、関係者が完成を祝うとともに、同市のさらなる発展を願った。
 新庁舎は2016年4月に着工し、総事業費は約67億円。敷地面積は1万3856平方メートル、延べ床面積1万606平方メートル。鉄筋コンクリート3階建てで、地中熱による空調や駐車場の無散水融雪設備などを導入。現在分散している教育委員会や上下水道部を集約し、市民生活に直結する部署を1階に集めた。
 新庁舎は15日に市民内覧会が行われ、5月7日に開庁する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。