高齢者の外出支援と公共交通の利用促進を目的に、弘前市は市内で乗降した場合の路線バスと弘南鉄道大鰐線の運賃が割引となる「お出かけシニアパス」を発行している。。このパスの対象者が、今年度から5歳引き上げられて70歳以上の市民となったほか、運転免許証を自主返納した対象者は登録料の5000円が無料になる。。同市は登録希望者200人を27日(必着)まで募集している。
 パスを利用した場合、正規の運賃が400円以下の区間は100円、400円超の区間は300円引きとなる。ただし、回数券は使用不可、乗降場所のいずれかが市外になる場合も適用外。
 免許を返納した人は、登録時に運転経歴証明書の写しを提出する必要あり。登録者には年2回の利用回数報告やアンケートに協力してもらう。
 希望者は同課(弘前市上白銀町1の1、電話0172―35―1102、ファクス0172―35―3765、メールtoshiseisaku@city.hirosaki.lg.jp)へ窓口や電話、ファクス、郵送、メールで申し込む。抽選結果のお知らせは5月上旬を予定。3日に弘前自動車運転免許試験場を訪れ、周知協力を依頼した山本昇副市長は「外出機会を増やして老化防止に役立ててもらうためにも、シニアパスを利用してほしい」とPRした。
【写真説明】お出かけシニアパスの見本(市都市政策課提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。