県は今年度、本県日本海側で、西日本の高級魚サワラの漁業推進事業を始める。西北地方の漁業者たちは近年、主要魚種を思うように取ることができず頭を悩ませているが、一方では南方で取れる魚がある程度水揚げされるなど、漁をめぐる環境に変化が起こっている。推進事業は最近の漁を取り巻く現状を生かした上で、漁業者の収入増と経営安定化を目指して行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。