8日投開票に向け後半戦に入った弘前市長選は、新人で元市議の畑山聡候補(63)、新人で元市観光振興部長の桜田宏候補(58)、現職の葛西憲之候補(71)が激しい舌戦を繰り広げている。しかし各候補の掲げる「最大の争点」は一致せず、論戦は低調気味だ。市民の注目度の高い問題について、各候補の主張の違いをまとめた。

 畑山候補は「市民所得増大」を争点に掲げ、「市民生活第一」の桜田候補は家庭系ごみ指定袋制度の導入中止と県提案に沿った中核病院の早期実現を主張。葛西候補は行政計画化できるマニフェストをまとめ、超少子高齢化社会を見据えた「緊急対策プログラム」を提示し、それぞれ支持浸透を図る。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。