桜前線が着々と北上を続ける中、21日に開幕する弘前さくらまつりを訪れる市民や観光客らを温かく迎え入れようと、弘前塗装工業会(葛西隆文会長)は5日、弘前公園内のベンチ塗装ボランティアを開始した。作業は6日まで行われる予定で、園内にある約180基のベンチが100周年を迎える祭りに向け“化粧直し”される。

【写真説明】好天の下、ベンチの化粧直しに汗を流す参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。