8日投開票の弘前市長選は4日、折り返しを迎えた。新人で元市議の畑山聡候補(63)、新人で元市観光振興部長の桜田宏候補(58)、現職の葛西憲之候補(71)は1日の告示以降、精力的に市内各地で街頭演説を重ねるなど支持拡大に奔走。政策や思いを訴える声には力がこもり、舌戦は熱を帯びたまま後半戦に突入する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。