原子力規制委員会は4日の定例会合で、日本原燃の再処理工場(六ケ所村)の審査再開を決めた。同工場では重要施設への雨水流入などが保安規定違反と判定され、原燃が保守管理の改善活動を優先するとして昨年10月に審査の中断を申し出ていた。原燃は早期の審査再開を見込むが、規制委側は半年間の中断期間中に新たな論点が出ていると指摘、審査再開の前提となる補正申請時期は見通せない状況だ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。