選挙の投票率低迷が課題となる中、8日に投開票が行われる弘前市長選では、有権者の利便性を重視した共通投票所が今回から初めて導入される。設置場所は、市内の期日前投票所で最も有権者が足を運ぶヒロロ。投票所の入場券がなくとも投票できるもので、市選挙管理委員会は「投票日当日は買い物などでヒロロを訪れた際、気軽に利用してほしい」と呼び掛けており、投票率向上効果が期待される。

【写真説明】現在は期日前投票が行われ、8日に共通投票所が設置されるヒロロ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。