8日投開票の弘前市長選について本紙が行った世論調査で、「関心がある」と回答した有権者は84・2%の高水準に達した。特に40~60代は80%台となったのをはじめ、70歳以上は9割を超えた。保守系2候補が激しい選挙戦を繰り広げていることなどが背景にあるとみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。