弘前市内で焼き鳥の小売店舗を経営する同市の食肉加工業・美加美食品(三上正俊代表取締役)が今月から、弘前工業高校(赤井茂樹校長)の学生食堂を運営する。少子化の影響などから近年の学食経営は経済的に厳しさを増しているが、同校の卒業生である三上代表取締役が「OBとして力になりたい」と参入。。調理パンやサイドメニューを充実させて、高校生のおなかを満たしていく。

【写真説明】4月から美加美食品が運営を引き継ぎ営業する弘前工業高校の食堂。3日は一足早く教職員にさまざまなメニューが振る舞われた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。