2日の弘前市内は最高気温が14・9度と、4月中旬並みの暖かさとなった。前日1日には弘前公園三の丸のロトウザクラ(ノモモ)も開花し、薄紅色の花が園内に春らしさを添えている。
 ロトウザクラはモモの仲間で、三の丸のピクニック広場に植えられている。市公園緑地課によると、1日午前に職員が開花を確認した。過去17年間の開花日は平均で4月7日。今年はこれより6日早く咲いた。
 ロトウザクラはソメイヨシノの開花を予想する目安になっており、おおむね15日後に園内のソメイヨシノが咲くとされている。

【写真説明】春の陽気に誘われて咲いた弘前公園三の丸のロトウザクラ