第7回全国小・中学生ねぶた下絵コンクールで最優秀賞を受賞した、五所川原第一中学校3年(4月から青森東高校1年)太田空良さん(15)と浜田小学校3年横山文音さん(8)の下絵が31日、ねぶたとなって完成し、青森市のねぶたの家ワ・ラッセでお披露目された。2台のねぶたは今後1年間、同施設に展示される。
 67点の応募作品の中から選ばれた太田さんと横山さん。太田さんは下絵コンクールの第1回から応募を重ね、最優秀賞は小学6年時に続いて2回目。小・中学生両部門での最優秀賞は太田さんが初という。横山さんは昨年度の姉の加奈さんに続き、姉妹で2年連続の最優秀賞となった。
【写真説明】太田さん(左)と横山さんの下絵を基に完成した2台のねぶた。ワ・ラッセに展示される

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。