2017年に制作された大型立佞武多で、東京ドームで今年開かれた「ふるさと祭り東京2018」(1月12~21日)に出陣した「纏(まとい)」が30日、約4カ月半ぶりに五所川原市の立佞武多の館に展示された。久々に現れた火消しの勇壮な姿を写真に収めようと、多くの観光客が記念撮影などをしていた。
 ふるさと祭りは日本各地のおいしい食べ物と祭りが集うイベントで、今年で10回目。纏は、立佞武多として5年ぶり3回目の出陣となった。
【写真説明】4カ月半ぶりに立佞武多の館に展示された「纏」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。