少年野球チーム「弘前ビクトリーBBC」で主将を務める弘前大学教育学部附属小学校6年の七戸緑彬(ろびん)君(12)が4月から、甲子園常連校として知られる明徳義塾高校(高知県)の系列校、明徳義塾中学校に入学し、同校野球部の所属となる。本県からは初の入部となり、七戸君は「プロ野球選手を目指し、総合力を磨いていきたい」と意気込みを語った。
【写真説明】明徳義塾中学校野球部に進み、プロ選手を目指す七戸君

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。