2017年産の国産リンゴの累計輸出金額(昨年9月~今年2月)が4年連続で100億円を超える110億900万円に上ることが29日、財務省が発表した2月の貿易統計で分かった。産地価格が前年産より手頃になり、輸出増加につながったことなどが要因。2月までの累計輸出量は2万8554トンで、17年産の年間輸出量が2年ぶりに3万トンを超えることが確実になった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。