生産現場で人手不足が顕在化している農林水産業。県は2018年度、人材や労働力を確保する対策を集中的に展開する。県民全体で農業を支える仕組みの構築を目指すほか、各生産分野で抱える課題の解消に着手しながら、新たな就農者を確保する各種の新規事業に取り組む。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。