おいらせ町の酒造会社「桃川」は、県産銘柄米「青天の霹靂(へきれき)」で仕込んだ純米大吟醸を完成させた。青天の霹靂を原料にした日本酒の製造は同社が初めてで、4月に1600本限定で県内で販売される。今月28日に県庁の三村申吾知事を訪ね、完成を報告した。
 日本酒は4月5日に出荷され、同10日ごろから店頭に並ぶ予定。県内一円の土産店で2000円(税抜き)で販売される。
【写真説明】青天の霹靂を100%使った純米大吟醸

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。