地域活性化を図る文化庁の補助事業「日本遺産」に認定された場合の事業実施主体となる、弘前市日本遺産活用推進協議会が27日に発足し、同日、弘前市民会館で設立総会が開かれた。日本遺産は地域の歴史的魅力や特色をストーリー仕立てにして文化や伝統を国内外に発信する制度。同市は2月にリンゴと侍を主題にしたストーリーを申請。5月の結果発表で認定が決まれば、協議会の構成団体で連携を図り、事業を進めていく。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。