中泊町の新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身と煮付け膳」(略称・メバル膳)などを手掛ける中泊メバル料理推進協議会事務局長の鈴木メバルーさん(鈴木統生・町水産商工観光課課長補佐)が、新・ご当地グルメで地域おこしを進める団体の全国組織「食による観光まちづくり推進協議会(S―1パートナーズ)」による2017年度MVPに選ばれた。鈴木さんは27日、濱舘豊光町長に受賞を報告し「今後もメバルを通じて中泊を活性化させたい」と決意を新たにした。
【写真説明】「MVP獲得を契機に今後もメバルを通して地域活性化を目指したい」と意気込む鈴木さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。