4月21日開幕の弘前さくらまつりを前に、2018年度交通対策委員会が26日、弘前市立観光館で開かれ、事務局の市が無料シャトルバスの運行を実施しないこと、これに伴い発着場所である堀越雪置き場、弘果・弘前中央青果、さくら野弘前店の各臨時無料駐車場を設置しないことなどを報告した。出席者からは、100周年の節目の祭りであり、集客が見込まれるのになぜ―として、それに伴い予想される渋滞への対策を求める声が上がった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。