中泊町の小泊小学校と小泊中学校を統合し新たな学校の設置に向けた検討委員会が26日、発足した。同日は1回目の会議が同町小泊支所で開かれ、濱舘豊光町長が委員15人に委嘱状を交付し、諮問状を手渡した。
 同町は老朽化により小泊中学校を現在の敷地内に建て替える予定だったが、濱舘町長が昨年6月に保留を表明。住民との懇談会やアンケートなどを踏まえ今年2月、小・中一体での整備方針を示した。
 今後は毎月1回ほどの会合や県内外での視察を行い、11月までに基本構想を答申する予定で、町は2022年4月の開校を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。