2月25日から3月2日までポーランド・ザコパネで行われた国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)主催の「2018INAS知的障害者スキー世界選手権大会」で、弘前市の阿部昂平さん(25)が初出場ながら距離男女混合リレー種目で3位に輝き、本県初のメダルを手にした。阿部さんは「初心に戻ってさらに上を目指したい」と語るなど、早くも次の目標“パラリンピック出場”に向け、決意を新たにしている。
【写真説明】銅メダルを手に大会を振り返り「初心に戻ってさらに上を目指したい」と語った阿部さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。