宇宙空間を使った先進的な取り組みで大きな功績を残した事例をたたえる「宇宙開発利用大賞」の農林水産大臣賞に、人工衛星で撮影した画像を活用してコメを栽培する本県の取り組みが選ばれた。
 同大賞は、宇宙空間を使った宇宙開発の進展や宇宙空間の利用に対する国民の理解を深めるために内閣府が主催。農水大臣賞は2017年度に創設され、本県の事例が1回目の受賞になる。20日、東京都内で表彰式が行われた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。