日本原燃の工藤健二社長は22日、施設の安全管理に関する改善活動を進めている再処理工場(六ケ所村)について「(新規制基準への)適合性審査の再開を申し出たいと考えている」と語った。開催が調整されている原子力規制委員会で審査再開を申し出る方針。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。