4月1日告示、8日投開票の弘前市長選に向け、立候補予定者による公開討論会が21日、弘前文化センターで開かれた。現職の葛西憲之氏(71)、新人で元市観光振興部長の桜田宏氏(58)、同じく新人で元同市議の畑山聡氏(63)が出席し、財政や経済政策、中核病院構想などについて舌戦を展開葛西氏は「人口減少対策を加速させる」、桜田氏は「市民生活を第一に据えた市政を運営する」、畑山氏は「大企業を誘致するしか残された道はない」などと訴え、来場した市民約450人が熱心に耳を傾けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。