弘前市長選を控えて開かれた公開討論会では、現職葛西憲之氏(71)が3選出馬の理由の一つに掲げた中核病院についても議論が交わされた。葛西氏は現状の協議で「最良の計画が速やかに示される」と理解を求める一方、桜田宏氏(58)は県が当初示した構想案を「最もよい方法」とし、畑山聡氏(63)も県の構想案を進める方針を支持した。
【写真説明】市民ら約450人(主催者発表)が詰め掛け、弘前市長選に立候補を予定する3氏の主張に耳を傾けた=21日午後6時30分ごろ、弘前文化センター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。