大鰐町の成貴農園が21日、自園のカシスを使った同町初の地サイダー「大鰐カシスパラグサイダー」の販売を開始し、町地域交流センター鰐comeで試飲発表会を行った。同農園代表の成田貴之さん(34)は「そのまま飲んでもおいしいが、酸味が強いので焼酎などのお酒で割るのもおすすめ。夏バテ予防やスポーツ後の水分補給に飲んでもらえれば」と話した。
 サイダーは330ミリリットル。同農園のフェイスブック(農園名で検索)では税込み350円、鰐comeでは同340円で販売し、今後町内の居酒屋でも取り扱う予定。
【写真説明】大鰐町の成貴農園が開発した「大鰐カシスパラグサイダー」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。