弘前市は20日、県内の市町村で初めて、県弁護士会、県司法書士会、県土地家屋調査士会と空き家対策に関する協定を結んだ。空き家対策を効果的に進めるには、所有者からの相談に専門的で幅広い分野の知識や技術、経験を生かした対応が求められる。このため、市は関係団体と相談体制を築き、連携した取り組みを実施することで空き家問題の解決を狙う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。